中野トーヨー住器リフォーム部
〒648-0043 和歌山県橋本市学文路256-4
シルバーなかよしショップ加盟店

無料相談受付中
お見積り依頼やご相談はお気軽に

お気軽にお問合せください

0736-25-5111
営業時間
9:00~17:30
定休日
第2/第4土・日・祝

台風への窓ガラス対策

台風から窓ガラスを守って安全に。

 ガラスが割れる原因と基本対策

 台風が来ると外は激しい雨や風にみまわれます。関西地方でも昨年大きな台風がありました。
 窓ガラスが割れる原因は、強風によって湾曲したガラスのひずみに耐えられなくなる、飛んできたモノがガラスにぶつかるということが挙げられます。
 ただ、風の力だけでガラスが割れるというのは、風速が30m/s以上というかなりの強風の場合です。原因のほとんどは、飛んできたモノがぶつかって割れた・・・ということになります。
 窓ガラスを台風の強風から守るためには、窓ガラスを覆ってしまうのが一番です。
雨戸やシャッターがついていたら、しっかり閉めておきましょう。
 雨戸やシャッターがついていない場合には板などを打ち付けて外側から窓全体を覆ってしまうのも一つの方法です。
 ですが、外側から板をうちつける方法は出来ない場合がほとんどです。
では、どんな対策が出来るのでしょうか。

 窓ガラスの補強をする方法。

 外側から窓の補強が出来ない・・・それなら内側から補強しましょう。

 まずは、しっかり鍵をかける!ということ。サッシは鍵をかけることで100%の耐風圧性能を出すことができます。また鍵をかけていないと、強風で引違いの窓でも開いてしまうこともありますので、まず鍵をしっかり施錠することから始めましょう。

 次に窓ガラスの内側にテープを米印のようになるよう貼って窓ガラスを補強します。窓ガラスにテープを貼ることで、割れた時の飛散防止になります。使うテープは、後で剥がすときに剥がしやすい養生テープがおすすめです。
 テープで補強した後、ダンボール等で窓全体を覆うように貼り付けておくとさらに安心です。ダンボールなどがない場合は、カーテンを閉めて下の端をテープ等でしっかり止めておきましょう。

 家の周りのモノにも注意。

 家の周りやベランダなどに置いてある、植木鉢やバケツ、物干し竿や自転車など風に飛ばされる危険があるものはできるだけ家の中に入れてください。大きいモノや重いモノなど、家の中に入れられないものは紐などで固定したりあらかじめ倒しておきましょう。

 また雨戸やシャッターがない場合、網戸にも注意。
網戸が外れやすくなっている場合は、飛ばされる前にあらかじめ外しておきましょう。

 モノが飛んでいってしまうと、他の人や家に迷惑をかけることもありますので、しっかりと対策をしておくことが大事です。

 飛来物などがあった場合、ガラスを補強していても強風時には飛来物がガラスを突き破ってしまうことがあります。
 強風時は、出来るだけ窓に近づかず、就寝時も出来るだけ離れて休むようにしましょう。
普段から風の通り道になる、風当たりが強い・・・そのような場所には、雨戸やシャッターの検討をしてみるのもよいと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0736-25-5111
営業時間
9:00~17:30
定休日
第2/第4土・日・祝